奨学金について物申す。

奨学金について物申す。

大学などの進学には授業料などの資金が必要です。

経済的に恵まれない家庭などには奨学金を借りて進学するパターンが多い。

親の年収が多い場合、奨学金は借りれない、ましてや借りなくても自己資金で賄えるでしょう。

奨学金を借りれば学生本人の借金になり、本人に返済の義務が生じる。親の返済義務ではない。

いまそのことも理解せずに無計画な奨学金貸与を受け、卒業後、就職しても返済できない社会人も多い。

ましてや卒業後就職したらいいが、就職できずにフリーターの場合、返済がキツイ。

そこで成績優秀者には返済義務の生じない給付型の奨学金の支給などを検討するなどというているが、その場合、やはり税金を使うことになる。

奨学金は、返済してこそ次の世代の学生に貸与できるものであり、その返済なくして貸与はできない。

奨学金制度自体もう一度見直しを図られるべきである。

自分の子供が大学に進学して困っているのを想像したら、この記事を書かずにはいられなくなりました。

「稼ぐ力を学ぶ無料講座」を購読する

励みになります。クリックをお願いします。↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村


サラリーマンランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です